日本初のフードセラピーレストラン
food therapy cafe MANA(フードセラピーカフェ マナ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカ アーユルヴェーダの旅①~ヨガ編~

MANA始まって以来の1週間の長期連休をいただき、スリランカへアーユルヴェーダの旅に行ってきました。

「アーユルヴェーダ」とはサンスクリット語で「生命の科学」を意味し、5000年以上の歴史を持つ伝統療法です。古代インドで生まれ、ハーブを使った薬や医食同源の食事、ハーブオイルマッサージなど心身の健康と幸福のための様々な知恵が体系化されていて、今なお人々の暮らしの中に根強く残っています。

もともとはインドで生まれたアーユルヴェーダですが、ヒンドゥー教国として発展したインドよりも、その原型は今はスリランカに残っているといわれています。また高温多湿な気候のスリランカは世界でも有数の多種類の植物が残っているため、アーユルヴェーダに欠かせないハーブも豊富なのです。

アーユルヴェーダは10年前ヨガに出会って以来ずっと興味を持ち、セミナーや本などで勉強はしてきました。でも本来のアーユルヴェーダは薬草学を中心に医師が行う医療的な要素が大きいのに反して、日本ではどうしてもエステサロンでのリラクゼーション的なイメージが強いことや、手に入る薬草やオイルの種類がごく限られていることなどから、ぜひ本場でのアーユルヴェーダを見て、エッセンスを学びたいとずっと思ってました。その念願がついにかなった今回の旅です。


今回私が滞在したのは、スリランカの首都コロンボがら車で2時間のビーチリゾートエリアにある「シダレパ アーユルヴェーダ ヘルス&リゾート」。
アーユルヴェーダ製品でスリランカNO.1の老舗メーカー「シダレパ」が直営している療養型リゾートホテルで、駐在している医師から毎朝検診を受け、それぞれに合った薬や食事をとり、1日3~4時間のトリートメントを受けて過ごします。通常最低でも10日間の滞在プログラムなのですが、忙しい日本人のために、今回は6日間のアレンジを受け入れてくれました。
お部屋はそれぞれコテージになっていて、建物の真ん中にはどの部屋の窓からもいける大きなプールがあります。
CIMG1959.jpg
オフシーズンのためホテルのゲストは20名ほどしかいなかったのと、そのほとんどが病気治療や療養が目的でゆっくり過ごしているため、このプールは滞在中ほぼ私の貸切プールにすることができました。東京の区営プールではなかなかできないワッツ(WATSU アメリカで生まれたアクアティックセラピー)を練習してみたり、自作の水中ヨガもどきをしたり、ぷかぷか浮かんでMANAのメニューを考えたり、かなりの時間をこのプールで過ごしていました。


毎朝6時から、1時間のヨガクラスがあります。これまで色々な場所で、色々な国の人のヨガを見てきましたが、スリランカはまた違って、新しい発見と驚きでした。
日本やアメリカのヨガはやはり姿勢を意識することを重要視する傾向がありますが、スリランカはもうひたすら「呼吸」そして「瞑想」という感じ。姿勢とかポーズについての細かい指導はまったくありません。
参加者はヨガなんてまったく経験もないし歩くのも大変というドイツ人の小太りなおばあちゃんや、筋肉ムキムキの黒人系オランダ人のキャリアウーマンなどさまざま。でもこの土地で生まれて40年というスリランカ人の男の先生は、参加者のキャパはお構いなしで、砂浜の上に横になって鳥の声を聞くことで呼吸をどんどん深くさせたり、不思議なお経のような呪文を大声で唱えさせて瞑想状態に入らせたり。毎回へえ~っと思いながら体の感覚や時間がよくわからなっていって、あっという間に1時間がたってしまっていました。
でも終わってみると、びっくりするくらい体も頭もからっぽにすごく軽くなっていて、体の芯から熱のようなパワーのようなものがじわじわ出てきて、間違いなくこれもヨガの形なのだ、と衝撃に似た感動でした。東京での日常の中で、意識しないうちにヨガというものを型にはめてしまっていたし、あらゆることを狭く考えて限界を勝手に決めていたような気がしました。


ホテルでのクラスに加えて、マンツーマンの個人ヨガレッスンを2日間受けることができました。
新しい発見や感動をかくときりがないほど、素晴らしい体験になりました。でも一番強く残っているのは、人間の体ってすごいな、私の体ってここにあるな、と全身で感じたこと。最初のレッスンの中で、ただ呼吸をしながら涙止まらなくなることがありました。そしてヨガのあとはいつもご飯がものすごく美味しくて、「生きてる喜びってご飯じゃん!」と毎回思っていました。

深呼吸をするのも、笑ったり怒ったりするのも、MANAでお料理を作るのもヨガの一つ。スリランカから戻ってからは、心からそう思えます。人間の体はすごいのです。


スリランカ アーユルヴェーダの旅。次回はスリランカで受けた数々のアーユルヴェーダトリートメントについてレポートいたします。

                                     
                                           フードセラピスト 山口阿弥

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foodtherapycafemana.blog16.fc2.com/tb.php/201-804e560c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

About

MANAスタッフ

Author:MANAスタッフ
food therapy cafe MANA
(神谷町 お野菜料理レストラン)
OPEN:
月~金
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 23:00(L.O.22:00)
 土
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 22:00(L.O.21:00)

定休日 日・祝日

東京都港区虎ノ門3-20-4
クレジデンス神谷町1階
TEL:03-3432-0741

Category

メニュー (4)
季節のフードセラピーメニュー (47)
今週のランチメニュー (165)
フードセラピストのつぶやき (33)
MANAについて (2)
お知らせ (73)
リクルート (0)
メディア (6)

Archives

Comments

Search

Links

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。