日本初のフードセラピーレストラン
food therapy cafe MANA(フードセラピーカフェ マナ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What's Food Therapy ?

今では朝から時には夜中までMANAで働き人並み以上に元気な私ですが、幼いころは胃腸が弱くてアレルギー体質で病気がち、、、本当に体の弱い子供でした。6歳のころに大病をして半年間寝たきりだったこともあり、小学校には半分くらいしか行けず、ほとんどの時間を家で本を読んだり姉に勉強を教えてもらったりしていました。

漢方薬剤師であり東洋医学に関心の高かった母は、そんな弱い私が元気になるように丈夫になるように、、、と、指圧やお灸を習い家で治療してくれたり、毎日毎食、体に優しい愛情いっぱいのご飯を作ってくれました。

母が作ってくれたのは、ごくごく普通のお家ご飯です。
旬のお野菜をたっぷり使ったおかずに、ご飯とお味噌汁。子供たちが大好きなカレーライスや玉ねぎがいっぱい入ったハンバーグもよく登場しました。
おやつにはストーブで焼いたサツマイモや黒砂糖の蒸しパン、家族のだれかのお誕生日にはケーキを焼いてくれました。

○○式といった特別な食事療法や、カロリーや栄養素が計算された食事メニューではありません。お魚もお肉も、甘いおやつも食べるし、本当に普通のご飯です。

母のこだわりといえば、買ったものではなくできるだけ手作りのものを食べさせる、ということ。
今のように食の安全性が叫ばれている時代ではなかったので、売っている食べ物は何が入っているかわからない!という危機感というよりは、せっかくだからちょっとでも美味しくて体にいいものを食べさせたい、という思いからだったのだと思います。やっぱり手作りのほうが我が家好みの味に作れて美味しいからね、といって、お料理だけでなく梅干やお味噌や、あらゆるものを手作りしていました。

そして、その時の家族の体調や気候に応じてお料理にちょっとした調整を加えるということ。
「暑くてみんな食欲がないから紫蘇とゴマをいっぱいいれた冷汁にしよう」とか「疲れ気味だから今朝は消化にいいようにご飯を少し柔らかく炊いたよ」とか「お父さんが外食続きだったから今夜は油を使わない煮物だね」とか。そんなことをいつも耳にしていました。

そんな母のご飯のおかげで、私も中学、高校と成長するにつれだんだん丈夫に、元気になっていきました。学校にもみんなと同じように通い、お家でもお弁当でも体に優しい母のご飯に支えられながらも、友達が買って食べているコンビニのパンやモスバーガーが羨ましくて、学校帰りに買って食べてみたこともありました。でも食べると体がなんだか変な感じがして、やっぱりいつものお家ご飯で体を調整していました。


大学生で東京に出てきて、ベジタリアンや色々な食事療法の存在をしり、当時(約10年前)はまだあまりメジャーではなかったマクロビオティックに出会いました。
「You Are What You Eat」
この言葉に初めて出会ったとき、幼いころの経験や無意識に自分が考えていたことがすべてつながった感じの衝撃を今でもはっきりと思い出します。

食べ物を勉強していくうちに、体という小宇宙の仕組みや、心と体と食べ物のつながりに興味を持ち始めました。
ヨガやアーユルヴェーダを学び、ワッツ(サンフランシスコで生まれた水中のボディーワーク)や様々なセラピーのワークショップを受けるために海外にも頻繁に訪れました。
今まで知らなかった世界への好奇心と、都会での暮らしで体調を崩してしまったこともあって、マクロビオティックやボディーワークで体を治そうと必死になっていたのだなと思います。

体のことにストイックになりすぎた時期を経て、やっぱり食べ物って楽しくて美味しくて、愛情がなければ意味がないなと気づいて、今のMANAが生まれました。


What's Food Therapy ?
MANAのフードセラピーってなんですか?と聞かれることがよくあります。

「セラピー」というと、医療的な少し堅いイメージを持たれるかもしれません。

でもMANAのフードセラピーの原点は、まさに私自身が体験してきた「お母さんが作ってくれた体に優しいご飯」です。

毎日毎食のことだから、特別に高価な食材を使うことは難しいけど、旬の食材は安くで手に入ります。難しい栄養計算や理論はなくても、それだけで季節の滋養がたっぷりです。
安心で安全なものを食べてほしいから、できるものはすべて手作りで。使う調味料は、少し高くても質のいいものだけを。
そして何より、レシピと分量の決まりきったレストランのお料理ではなく、その日の気候や食べる人のちょっとした体調をいたわってお料理を作る。世界中のお家で、お母さんが家族のために作るご飯みたいに。

これがMANAのフードセラピーです。

まだまだ未熟な私たちですが、来てくださるお客様の心と体が元気になるお料理をお作りできるよう、今日もまた一生懸命がんばります!

フードセラピスト  山口阿弥

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foodtherapycafemana.blog16.fc2.com/tb.php/246-bd5fedc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

About

MANAスタッフ

Author:MANAスタッフ
food therapy cafe MANA
(神谷町 お野菜料理レストラン)
OPEN:
月~金
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 23:00(L.O.22:00)
 土
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 22:00(L.O.21:00)

定休日 日・祝日

東京都港区虎ノ門3-20-4
クレジデンス神谷町1階
TEL:03-3432-0741

Category

メニュー (4)
季節のフードセラピーメニュー (47)
今週のランチメニュー (165)
フードセラピストのつぶやき (33)
MANAについて (2)
お知らせ (73)
リクルート (0)
メディア (6)

Archives

Comments

Search

Links

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。