日本初のフードセラピーレストラン
food therapy cafe MANA(フードセラピーカフェ マナ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MANA薬膳プロジェクト① !!

私がフードセラピーにたどり着くまでに大きな影響を受けたものに、マクロビオティックやアーユルヴェーダ、そして医食同源を基本にした「薬膳料理」があります。

漢方薬剤師だった母が作ってくれた医食同源のご飯を、幼い頃からごく日常的に食べていたということに加え、旬を大切にした日本の伝統的な食文化やマクロビオティックと、中国伝統医学をもとにした薬膳料理に、「生きることと食べること」について根底に同じものを感じたからです。

これまでMANAのお料理にも、食材の選び方や組み立て方に薬膳的なエッセンスを取り入れてきました。でもお客様にもっと分かりやすく、薬膳的な考え方を身近に感じていただけるお料理を提供できないかなと、この春よりひそかに「MANA薬膳プロジェクト」を進めてきました。


「薬膳」というと、漢方の生薬を使った薬っぽくて食べづらい食事、というイメージがあるかもしれません。でもその本質は、医食同源の考え方をもとに、病気の予防や回復のために組み立てられた食事のこと。特別な食材を使わなくても、旬の食材を使い、お野菜や発酵食品をふんだんに取り入れた日本人の食生活は、まさに医食同源。それを薬膳料理と呼ぶかどうかは、「中医学」という理論に基づいているかどうか、ということなのです。

では、薬膳の考え方のもとになっている「中国伝統医学=中医学」とは、どんなものなのでしょうか。その歴史は2千年以上前にさかのぼり、膨大な臨床経験や伝統文化を基にしたとっても奥の深い医学体系ですが、ここでは中医学の一番基本である「陰陽五行説」、そして「気・血・水」というポイントについて簡単にご説明します。


①古代から中国では、この世界に存在するもの、起きていることはすべて「陰」と「陽」が存在するとされてきました。人間の体も、食べるものにも「陰性」と「陽性」があり、両方が対立し補い合いながら、バランスをとっているのです。体の不調も、この陰陽のバランスが崩れたことで引き起こされます。これが「陰陽説」です。

②また、世界を構成するあらゆるものや、自然の変化や関係を「木」「火」「土」「金」「水」の5つに分類してとらえ、それぞれが抑制したり助けたりしながらバランスを保っていると考えます。人間の臓器も「木=肝臓」「火=心臓」「土=脾臓」「金=肺」「水=腎臓」に置き換え、健康法や病気治療に応用しています。これが「五行説」です。

③そして中医学の特徴としてもう一つ重要なのは、人間の体を「気」「血」「水」の3つ要素で構成されいると考える事です。この3つが助け合い抑制し合いながら、人間の生命を維持しています。「気」「血」「水」が過不足なく存在し、それぞれの役割を果たしていれば健康を保て、逆にどれか一つでも滞ってしまうと、病気を引き起こします。


今日主流になっている西洋医学は、解剖学から発達したため、人間の体を臓器レベルでとらえ、病気の治療も個々の臓器に対して行います。
一方中医学では、人間の体をさまざまな臓器や器官が相互に関わりバランスをとっている「小宇宙」ととらえ、「陰と陽」「五行」「気・血・水」など、あらゆるバランスがとれている状態を「健康」と呼びます。逆に、病気の原因はバランスが崩れたことによるとして、その乱れを取り戻すための漢方薬や食事をとることで、治療を行うのです。
この、バランスを取るために食べる食事が「薬膳」。なにもクコの実や朝鮮ニンジンを使っていなくても、体のバランスを整えるためのごはんは立派な薬膳料理と呼べるのです。


④薬膳を理解するもう一つ大切なことは、食材の持つ「温熱性」「平性」「寒涼性」という性質です。すべての食材を、体を温めて代謝を良くし滋養強壮にもなる温熱性の食材、体の熱を冷まし精神的にも落ち着かせる寒涼性の食材、熱くも寒くもならず体の滋養になる平性の食材に分類し、バランスを整えるために食材を選ぶ目安にします。


知れば知るほどに奥深くて難しい中医学ですが、つまり私たちの体にとって大切なのは「バランスを整える」ということ。漢方薬も、太極拳も、指圧も、バランスをとる整えるためのアプローチの一つなのです。
そして「食べる」ということは、今日の私たちの生活の中でもっとも手軽に、効果的にバランスを整える方法ではないかな、と思います。


そしてこの度ついに、MANA薬膳コースが登場しました!!
定番のMANAコースに ①陰と陽 ②五行 ③「気」・「血」・「水」 ④食材の「温熱性」「平性」「寒涼性」 という4つの中医学的な観点を加え、お客様の体のバランスを整えることを目的としたコースです。

○ 前菜 3皿

○ 旬のお野菜料理

○ お魚やお肉を使ったメインのお料理

○ パスタ または お食事
   (お食事はミニ薬膳カレーや薬膳スープ茶漬けなど)

○ デザート

           4800 円



なお、食材の準備がありますので、お手数ですが前日までのご予約をお願いしております。

これまでの薬膳料理のイメージを払拭する、美味しくて新しいMANA流薬膳、ぜひお楽しみいただきたいと思います。ご予約お待ちしております。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foodtherapycafemana.blog16.fc2.com/tb.php/59-30cc09ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

About

MANAスタッフ

Author:MANAスタッフ
food therapy cafe MANA
(神谷町 お野菜料理レストラン)
OPEN:
月~金
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 23:00(L.O.22:00)
 土
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 22:00(L.O.21:00)

定休日 日・祝日

東京都港区虎ノ門3-20-4
クレジデンス神谷町1階
TEL:03-3432-0741

Category

メニュー (4)
季節のフードセラピーメニュー (47)
今週のランチメニュー (165)
フードセラピストのつぶやき (33)
MANAについて (2)
お知らせ (73)
リクルート (0)
メディア (6)

Archives

Comments

Search

Links

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。