日本初のフードセラピーレストラン
food therapy cafe MANA(フードセラピーカフェ マナ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のおすすめメニュー②

お料理は、味わいだけでなく香りも楽しむものですね。

西洋の食文化では、古代より色々なハーブやスパイスを使ってきました。もともとは腐敗を防止したり匂いを消すために普及しましたが、輸送や保存技術に発達した現在でも、お料理には欠かせません。

日本にもハーブといえる「薬味」があります。夏の代表選手である茗荷や紫蘇は、清涼感のある香りが爽やかな気持ちになって、食欲を取り戻します。この夏のMANAでも大活躍です。


そして、美味しい食事の香りは、素敵な記憶をつむぎます。
和食屋さんの魚を焼いている煙は、母が夕ご飯を作っている風景が浮かび、茗荷を刻めば夏休みのお昼のおソーメンを、ユズの香りがするとお正月のお雑煮を思い出し・・・香りが呼び起こす食べ物の記憶はたくさんあります。
その当時は意識していませんでしたが、香りの記憶は味覚や視覚以上に、ノスタルジックな気持ちにさせられるような気がします。

実際科学的にも、「プルースト効果」といって、記憶喪失の人が懐かしい香りを感じて過去のの記憶を取り返すというような、香りと記憶の深い関わりを効果も認められているそうです。


この夏のおすすめメニューには、それぞれの素材にあったハーブや薬味をふんだんにつかった、「香り」も楽しんでいただけるお料理を取り揃えました。



○ちぎり胡瓜と枝豆の紫蘇アンチョビ和え             880円
パリッと新鮮な胡瓜と枝豆がビールにぴったりの一皿です。 

○焼きトマトと茗荷の煮びたし                   980円               
オーブンでじっくり焼いたトマトを、冷たいお出しでさっぱりとどうぞ。

○稚鮎のマリネ                        1280円 
小ぶりの鮎を、自家製梅酢を使ってマリネしました。腹わたのほろ苦さがたまりません。

○赤なすの丸ごと焼き 山盛り薬味サラダ添え         1080円
この時期だけに登場する、大きくて甘くてジューシーな赤ナスです。
茗荷、大葉、白髪ネギなどの薬味をどっさりのせて。

○宮崎鶏レバーと新レンコンのバルサミコソテー       1480円
新鮮な宮崎鶏のレバーと甘酸っぱいバルサミコが、赤ワインにぴったりです。

〇夏野菜とカジキマグロの香草パン粉焼き          1480円
ズッキーニ、パプリカ、ナスを、旬のカジキと合わせてシチリア風の一皿にしました。
タイム、ローズマリー、オレガノなどたっぷりのハーブがきいています。

○タコとオクラのフレッシュトマトパスタ             1480円
タコとオクラ。意外なようで抜群の組み合わせになりました。
ミントの香りがさわやかなアクセントです。

○穴子と焼き椎茸の冷製パスタ  香菜添え           1680円
伊豆の原木椎茸と穴子をコリアンダーをきかせたジュレにして、冷たいトマトのパスタにのせました。
香菜(シャンツァイ)をのせてエキゾチックな香りです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foodtherapycafemana.blog16.fc2.com/tb.php/65-66d2fc33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

About

MANAスタッフ

Author:MANAスタッフ
food therapy cafe MANA
(神谷町 お野菜料理レストラン)
OPEN:
月~金
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 23:00(L.O.22:00)
 土
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 22:00(L.O.21:00)

定休日 日・祝日

東京都港区虎ノ門3-20-4
クレジデンス神谷町1階
TEL:03-3432-0741

Category

メニュー (4)
季節のフードセラピーメニュー (47)
今週のランチメニュー (165)
フードセラピストのつぶやき (33)
MANAについて (2)
お知らせ (73)
リクルート (0)
メディア (6)

Archives

Comments

Search

Links

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。