日本初のフードセラピーレストラン
food therapy cafe MANA(フードセラピーカフェ マナ)

フードセラピストのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月8日 本日のお弁当メニュー

今日は9個の大量注文をいただいた常連のお客様の会社へとお弁当の配達をしてきました。

毎週必ずご注文をいただいている会社の皆さまと初めてお会いできたのですが、いつも自分が必死に作っているお弁当を食べていただいていると思うと、なんだか恥ずかしい気持ちと感激の気持ちで、胸がいっぱいになってしまいました。

MANAやホテルでのイベント、そしてホームパーティなどあちこちでお料理を作ってきましたが、お弁当作りは顔の見えないお客様にむけて作るという点が大きく違っていて、正直少し不安なところでもありました。

でも「いつも美味しくいただいてますよ~」と声をかけていただいて、うっかり涙がこみ上げてきてしまいました。たくさんのお弁当が売られている中で毎週必ず予約をいただいて、本当にありがたいです。

もっともっと美味しくて、体に優しいお料理を作れるようになろう、強くそう思いました。

フードセラピスト 山口阿弥

           6月8日 本日のメニュー

IMG_0785.jpg


・玄米ごはんとカブの葉のピリ辛炒め
カブの葉を刻んでゴマ油でいためただけで、玄米ごはんがいくらでも食べられてしまいます。高菜風にちょっとピリ辛で。

・サバの醤油焼き おろし餡かけ
青魚に含まれるオメガ3などの脂肪酸は、脳の働きを良くしたり細胞の老化を防いだり、お肌の炎症を治したり・・・健康と美しさに必須です。

・イイダコとインゲンとパプリカのソテー

・人参、ひじき、赤インゲン豆のマスタードマリネ

・キャベツと厚揚げのおかか煮


MANA弁当は水、木、金曜日の販売です。
お電話またはe-mailにて、前日17:00までのご予約をお願いしています。

電話 03-3432-0741 
※10:00~11:30、16:00~18:00の時間帯でお願いいたします。
   
e-mail foodtherapymana@yahoo.co.jp 
※お名前、お日にち、個数、お時間、ご連絡先をご明記ください。

皆さまのご予約をお待ちしています♪

本日のお弁当メニュー 6月3日

6月3日。本日のお弁当メニューです。

薬膳の考えかたでは梅雨は「湿邪」といって、湿気により体調を崩しやすい季節です。
特に胃腸に負担がかかりやすいので、薬味やスパイスなどを使って、消化に優しいお料理を詰めました。
今日もお客様に美味しく食べていただけますように・・・。
フードセラピスト 山口阿弥

IMG_0773.jpg


・山椒シラス玄米ごはん
山椒をたっぷり使ったシラスの佃煮を混ぜ込みました。山椒には消化を促すほか、殺菌作用があります。

・鮭と小柱の入り豆腐つくね トマトソース添え
つぶしたお豆腐に魚介とお野菜をたっぷり混ぜ込み、こんがり焼きました。生姜やネギがたっぷり入っています。

・ナスと赤玉ねぎのバルサミコマリネ

・ひよこ豆とカブのココナッツ煮込み
ココナッツのクリーミーな味わいに、ナンプラーとコリアンダーがきいています!

・焼き野菜 ズッキーニ 長いも パプリカ


MANA弁当は水、木、金曜日の販売です。
お電話またはe-mailにて、前日17:00までのご予約をお願いしています。

電話 03-3432-0741 
※10:00~11:30、16:00~18:00の時間帯でお願いいたします。
   
e-mail foodtherapymana@yahoo.co.jp 
※お名前、お日にち、個数、お時間、ご連絡先をご明記ください。

皆さまのご予約をお待ちしています♪

MANAのこだわり

MANAのこだわり7ヵ条


・旬のお野菜をたっぷり使います    

スーパーに行けば一年中同じ野菜が手に入りますが、季節の恵みを受けた旬のお野菜は
栄養価がぐーんと高く、何より美味しい!
MANAではすべてのお料理を旬のお野菜を中心にお作りしています。
また、可能な限り有機農法で作られた自然で安全なお野菜を使用しています。

 
・精白されていない丸ごとの食材を使います
 
精製されていない丸ごとの食材には、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素がたっぷり。
また血糖値をゆるやかに上昇させることでインシュリンの分泌を抑え、太りにくい体にしてくれます。
MANAでは玄米を中心に、全粒粉やきび糖などできるだけ精製度合いの低い食材を使用して
います。

・豆類や魚介から消化に良質なタンパク質をいただきます

大豆やインゲン豆など豆類は消化吸収に負担をかけない植物性タンパク質の宝庫。食物
繊維やミネラルなども豊富に含まれます。魚介には必須アミノ酸がバランスよく含まれ、海に
囲まれた日本では古代から重要なタンパク源でした。
MANAでは、旬のお野菜に豆類や魚介類を組み合わせ、栄養バランスのとれたお料理を
お作りしています。


・トランスファット撲滅!! 「いい油」をとります

マーガリンなどの加工油脂や酸化した油に含まれるトランスファットは、細胞の老化を早め、
健康に様々な影響があります。でも反対に、「いい油」は脳の働きをよくし、コレステロールを
下げたり、老化や炎症を防いでくれるとっても大切な栄養です。
MANAのお料理にはDHAやEDAが豊富な魚類や、不飽和脂肪酸を多く含むナッツ類を
積極的に取り入れてています。・


・消化に負担のかかるバターや生クリームは使用しません

乳脂肪の高いバターや生クリームやは飽和脂肪酸が多く、高コレステロールや肥満の
原因になるだけでなく、消化に多量のエネルギーを必要とするため内臓にも負担がかかります。
MANAではバターや生クリームなど消化に負担のかかる食材は使いません。
「お腹いっぱい食べても体が軽いお料理」を心がけています。


・シンプルで伝統的な調味料を使用します

塩は天然の海水塩、ビネガーや味噌、醤油は昔ながらの製法で作られたもの。油は
オリーブオイルを中心に、グレープシードオイルやごま油のみを使用。
素材の美味しさを生かすために調味料はできるだけシンプルに、厳選したものだけを
使います。


・添加物や化学調味料は一切使用しません

加工して売られている食べ物のほとんどに使われている保存料、安定剤などの食品添加物や、アミノ酸などの化学調味料。発がん性や遺伝子異常、アレルギーの原因になるなどの可能性が指摘されています。
MANAでは添加物や化学調味料などお家の台所にないものは一切使いません。

What's Food Therapy ?

今では朝から時には夜中までMANAで働き人並み以上に元気な私ですが、幼いころは胃腸が弱くてアレルギー体質で病気がち、、、本当に体の弱い子供でした。6歳のころに大病をして半年間寝たきりだったこともあり、小学校には半分くらいしか行けず、ほとんどの時間を家で本を読んだり姉に勉強を教えてもらったりしていました。

漢方薬剤師であり東洋医学に関心の高かった母は、そんな弱い私が元気になるように丈夫になるように、、、と、指圧やお灸を習い家で治療してくれたり、毎日毎食、体に優しい愛情いっぱいのご飯を作ってくれました。

母が作ってくれたのは、ごくごく普通のお家ご飯です。
旬のお野菜をたっぷり使ったおかずに、ご飯とお味噌汁。子供たちが大好きなカレーライスや玉ねぎがいっぱい入ったハンバーグもよく登場しました。
おやつにはストーブで焼いたサツマイモや黒砂糖の蒸しパン、家族のだれかのお誕生日にはケーキを焼いてくれました。

○○式といった特別な食事療法や、カロリーや栄養素が計算された食事メニューではありません。お魚もお肉も、甘いおやつも食べるし、本当に普通のご飯です。

母のこだわりといえば、買ったものではなくできるだけ手作りのものを食べさせる、ということ。
今のように食の安全性が叫ばれている時代ではなかったので、売っている食べ物は何が入っているかわからない!という危機感というよりは、せっかくだからちょっとでも美味しくて体にいいものを食べさせたい、という思いからだったのだと思います。やっぱり手作りのほうが我が家好みの味に作れて美味しいからね、といって、お料理だけでなく梅干やお味噌や、あらゆるものを手作りしていました。

そして、その時の家族の体調や気候に応じてお料理にちょっとした調整を加えるということ。
「暑くてみんな食欲がないから紫蘇とゴマをいっぱいいれた冷汁にしよう」とか「疲れ気味だから今朝は消化にいいようにご飯を少し柔らかく炊いたよ」とか「お父さんが外食続きだったから今夜は油を使わない煮物だね」とか。そんなことをいつも耳にしていました。

そんな母のご飯のおかげで、私も中学、高校と成長するにつれだんだん丈夫に、元気になっていきました。学校にもみんなと同じように通い、お家でもお弁当でも体に優しい母のご飯に支えられながらも、友達が買って食べているコンビニのパンやモスバーガーが羨ましくて、学校帰りに買って食べてみたこともありました。でも食べると体がなんだか変な感じがして、やっぱりいつものお家ご飯で体を調整していました。


大学生で東京に出てきて、ベジタリアンや色々な食事療法の存在をしり、当時(約10年前)はまだあまりメジャーではなかったマクロビオティックに出会いました。
「You Are What You Eat」
この言葉に初めて出会ったとき、幼いころの経験や無意識に自分が考えていたことがすべてつながった感じの衝撃を今でもはっきりと思い出します。

食べ物を勉強していくうちに、体という小宇宙の仕組みや、心と体と食べ物のつながりに興味を持ち始めました。
ヨガやアーユルヴェーダを学び、ワッツ(サンフランシスコで生まれた水中のボディーワーク)や様々なセラピーのワークショップを受けるために海外にも頻繁に訪れました。
今まで知らなかった世界への好奇心と、都会での暮らしで体調を崩してしまったこともあって、マクロビオティックやボディーワークで体を治そうと必死になっていたのだなと思います。

体のことにストイックになりすぎた時期を経て、やっぱり食べ物って楽しくて美味しくて、愛情がなければ意味がないなと気づいて、今のMANAが生まれました。


What's Food Therapy ?
MANAのフードセラピーってなんですか?と聞かれることがよくあります。

「セラピー」というと、医療的な少し堅いイメージを持たれるかもしれません。

でもMANAのフードセラピーの原点は、まさに私自身が体験してきた「お母さんが作ってくれた体に優しいご飯」です。

毎日毎食のことだから、特別に高価な食材を使うことは難しいけど、旬の食材は安くで手に入ります。難しい栄養計算や理論はなくても、それだけで季節の滋養がたっぷりです。
安心で安全なものを食べてほしいから、できるものはすべて手作りで。使う調味料は、少し高くても質のいいものだけを。
そして何より、レシピと分量の決まりきったレストランのお料理ではなく、その日の気候や食べる人のちょっとした体調をいたわってお料理を作る。世界中のお家で、お母さんが家族のために作るご飯みたいに。

これがMANAのフードセラピーです。

まだまだ未熟な私たちですが、来てくださるお客様の心と体が元気になるお料理をお作りできるよう、今日もまた一生懸命がんばります!

フードセラピスト  山口阿弥

朝ごはんの大切さ

1月17日よりモーニング営業を始めました。

朝7時半。ピーンと冷たい朝の空気の神谷町ですがすでにたくさんの皆さまに来ていただき、ヘルシーな朝ごはんタイムを過ごしていただいています。


朝ご飯は1日の活動力の源です。

朝何も食べずにスタートしてしまうと、脳のエネルギー源であるブドウ糖が不足して低血糖状態になり、ぼーっとして集中力に欠けてしまいます。
ブドウ糖は糖分や炭水化物(でんぷん)から作られますが、お砂糖をたっぷり使った菓子パンや甘い飲み物、精白された穀物は血糖値を急激にあげてしまうため、果物の果糖や精白されていない丸ごとの穀物から良質な炭水化物を摂取することが大切です。
MANAでは玄米や全粒小麦、オーツ麦やカラス麦などの全粒穀物フレークを使っています。
          zakkoku.jpg


また朝食を抜くと寝ている間に下がった体温が上がらないまま。免疫力が落ちたり、基礎代謝が低下して太りやすい体質になってしまいます。体温と基礎代謝を上げるためにはきちんと朝食を食べることです。
代謝UPのためには良質なたんぱく質をとることが大切。食べたものをどれくらい熱に変えることができるかを比較すると、タンパク質は30%、炭水化物10%、脂肪で3~4%くらいと言われています。
MANAでは低脂肪で吸収率のよいお豆腐や豆乳など良質な植物性たんぱく質を取り入れています。
         daizu.jpg



そして朝はエナジーチャージと同時に、体の老廃物を排泄するデトックス(解毒)の時間帯です。
デトックスで一番大切なことはまず腸をきれいにすること!腸の老廃物は肌荒れやだるさの原因になり、また免疫力も低下してアレルギーなどを引き起こしやすくなります。朝たっぷりの水分と食物繊維、適度な油分をとることが腸の働きを促進します。またビタミンやミネラル、酵素は新陳代謝を促進させ、体内に蓄積されている老廃物を排出する働きがあります。
モーニングメニューは全粒の穀物やドライフルーツ、ナッツなどを使用し、毒素排出に効果抜群。またフードセラピスト山口が愛飲している青汁や人参ジュースなどのデトックスドリンク、週替わりのハーブティもおかわり自由でご用意しています。
                    IMG_0080.jpg



コーヒーだけであわててオフィスに向かうのではなく、時にはMANAでゆっくりとモーニングタイムを過ごしてみませんか?
きっと体が喜んでいるのを実感していただけます。そしてそんなスタートの日はとっても充実した1日になるはずです。
皆様の朝のお越しをお待ちしております。

フードセラピスト 山口阿弥

About

MANAスタッフ

Author:MANAスタッフ
food therapy cafe MANA
(神谷町 お野菜料理レストラン)
OPEN:
月~金
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 23:00(L.O.22:00)
 土
lunch  11:30 ~ 14:30(L.O.14:00)
Dinner 18:00 ~ 22:00(L.O.21:00)

定休日 日・祝日

東京都港区虎ノ門3-20-4
クレジデンス神谷町1階
TEL:03-3432-0741

Category

Archives

Comments

Search

Links

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。